産後の抜け毛がひどい時に使えるウィッグはこれ!

産後は抜け毛に悩まされる方が多いですが、薄くなってしまった髪の毛にウィッグをつけて乗り切る方も多いようです。ウィッグは今ではお洒落な髪型のものや部分ウィッグなどさまざまな種類があります。産後の抜け毛は一時的なものなので、抜け毛の状態や頭皮の状態を見て自分にあったウィッグを探すことが大切です。種類別のウィッグの紹介と使用する際の注意点などまとめました。

抜け毛が広範囲の場合はフルウィッグを

産後の抜け毛がひどく頭皮が見えてしまう場合はフルウィッグを着用してスッポリと隠してしまいましょう。産後の抜け毛は一時的なもので次第に元通りの髪の量に戻るので、伸縮性の高い生地のものを選ぶと長く使えます。

フルウィッグはものによっては隙間ができてしまったり不自然に見えてしまうこともあります。お洒落感覚で気軽に楽しみたいのであれば比較的安価なウィッグを着用しても問題がないと思います。

逆に絶対にウィッグだとばれたくないという方はオーダー性のウィッグを注文することが出来ます。仕上がりが1ヶ月と少し時間がかかってしまいますが、その分自然で自分になじむウィッグですので絶対にばれることはありません。

部分的にカバーしたい場合はトップピースタイプ

トップピースタイプ

トップピースタイプ

抜け毛の量が少なくボリュームをもたせたいのであれば、トップピースタイプで部分的に隠すといいでしょう。トップの地肌がむき出しの状態になっていたりアホ毛が多い方などオススメです。

部分的なウィッグなので安価なものが多く不自然さがないことが特徴のウィッグです。

後頭部付近の髪の毛に取り付けるタイプが多く、簡単で2回の動作などで取り付けることができなじみやすいので、産後の忙しいママさんでも時間を取られることなくすぐに着用できるので便利です。

ウィッグをつける際の注意点は?

今ではリーズナブルなウィッグから高性能なウィッグまで様々な種類がありますが、比較的安価なウィッグは通気性が悪く蒸れやすい傾向があるようです。

蒸れが続くと不快感が生じて頭皮への炎症にもつながってしまい抜け毛をさらに悪化してしまう可能性が高まります。夏場など蒸れやすい時期はなるべく長時間の着用を避けて頭皮をいたわるのも大切です。

ウィッグを外したらしっかりと頭皮のケアを!

頭皮のケアを

頭皮のケアを

ウィッグを着用するのと同時に頭皮へのケアをしっかりと行いましょう。産後の頭皮は敏感になっているので清潔にするのが大事です。

ウィッグを着用すると蒸れた状態が長時間続くこともあるので、外したらシャンプーをしてしっかりと乾かしましょう。シャンプーはなるべき低刺激なものを選び、頭皮に優しい成分が配合されたものを使うようにしましょう。

そして頭皮マッサージを取り入れると頭皮の血行が良くなり頭皮への栄養がバランスよく循環されます。

頭皮のケアも同時に行うことで産後の抜け毛が少なくなることが多くなりますよ。参考にして試してみてください。

抜け毛がいつまでも治らない場合は受診を

産後の抜け毛はホルモンバランスの影響なのでしばらくすると落ち着くことがほとんどですが、落ち着くまでの期間は人それぞれ。人と比べて自分は髪の毛が生えないと考え悩んでしまう方も多いと思います。

産後の髪の毛が回復しない場合はまずは婦人科を受診してみましょう。

頭皮にトラブルがある場合は皮膚科で診てもらっても良いですが、産後の抜け毛の原因はホルモンバランスが主な原因なので、婦人科ではホルモン値を検査してもらうことができます。

ストレスを溜め込まずお洒落に楽しく

抜け毛が多く、髪の毛にボリュームがない状態だと鏡を見てつらくなったり悲しくなったり気分が落ち込んでしまいますよね。そして、強いストレスを感じるとさらに抜け毛が増えることがあります。

ウィッグをつけてお出かけをしたり髪のアレンジをしてお洒落を楽しむと気分が晴れて抜け毛が減っていくこともあります。

難しいとは思いますが、家事や育児を家族の協力してもらい、あまりストレスを溜め込まずに生活をすることを心がけてくださいね。