産後の抜け毛は睡眠不足で悪化してしまうかも

睡眠不足は抜け毛が加速する

産後は出産前と比べて生活のリズムも全く変わってしまい、ストレスがたまりがちになるだけでなく、睡眠時間も大幅に減り常に睡眠不足の状態になってしまいます。生まれた赤ちゃんは昼も夜もなくママを呼ぶのが仕事です。産後は疲れもなかなか取れず、肌も荒れがちになってしまいますよね。睡眠不足は心と体に良い影響を与えません。では髪の毛にはどうなのででしょうか?

睡眠不足は産後につきもの

産後、新生児の育児中は特にほぼ例外なく世界中のママたちが睡眠不足になってしまいます。

一般に赤ちゃんの授乳間隔は3時間と言われますが、実際には赤ちゃんに体力がないために一度に沢山おっぱいを飲めず少し飲んでは眠り、またすぐに目を覚まして少し飲む、を繰り返すことも多く、1時間おきに授乳、おむつ交換、寝かしつけをしなければならないこともよくありますよね。

これを昼夜問わず繰り返さなければならないため、まとまった睡眠時間を確保できず睡眠不足になってしまうのです。

また赤ちゃんが眠っている間ママも一緒に眠ることができれば良いのですが、「この隙に・・・」と家事やその他の用事を頑張ってしまうと、用事が終わった頃にまた赤ちゃんの授乳時間になってしまってどんどんママの睡眠時間がなくなってしまいます。

産後の睡眠不足が抜け毛が加速する

睡眠不足が抜け毛を加速する

睡眠不足が抜け毛を加速する

睡眠不足は美容にも健康にも悪いことは誰しも認めるところですが、産後の抜け毛を加速させてしまう原因にもなっています。

というのも、髪が成長する為に欠かせない成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されるためです。

成長ホルモンは体の傷ついた細胞を修復し疲労を回復させる作用を持ち、髪に関して言えば、頭皮の細胞を修復し毛母細胞が増殖して髪が成長するのを助けます。

逆に睡眠不足によって成長ホルモンが十分に分泌されないと髪が成長しないばかりか、疲労が溜り自律神経のバランスを乱して血流が悪くなって髪に必要な栄養素がきちんと届けられなくなってしまいます。

また体の疲労が回復されないと、脳は命を守る為に体の重要な部分から優先的に修復を図ります。髪の毛は命に関わる重要な部分ではないため後回しになってしまうため、抜け毛が加速してしまうのです。

産後の抜け毛の原因はほとんどの場合はホルモンバランスによるものですが、睡眠不足になることによって悪化してしまう可能性があります。

一般に夜10時~深夜2時は成長ホルモンが最も活発に分泌される時間帯であると言われていますが、育児中のママがその時間帯にグッスリ眠るのは難しいでしょう。

それでも細切れにでもできるだけ睡眠時間を確保することで、少しでも体を休めていきましょうね。

産後の抜け毛の原因はホルモンバランスによるものですが、ストレスや睡眠不足でその抜け毛を悪化させてしまったり、元に戻りにくくさせてしまいます。

育児中は、なかなか時間が取れずに大変な時期ですが、赤ちゃんが寝ている時に少しでも眠って体を休ませましょうね。睡眠不足は心にも体にも良い影響を与えないので、意識的に休んでいきましょう。