産後は頭皮もかゆくなる?!抜け毛だけじゃない、産後の髪の悩み

産後の抜け毛、頭皮のかゆみ

産後は抜け毛に加えて頭皮のかゆみがひどい…。そんな方は頭皮のかゆみの原因をしっかりと突き止める必要があります。乾燥のものなのか炎症のものなのか。症状によって対策が変わってくるので見分けることが大切です。痒みの原因や対策をまとめました。

頭皮に痒みを感じる3つの原因

頭皮にかゆみを感じる場合、原因は主に3つあります。原因を知り、対策していくことが大切です。

①ホルモンバランスの変化

妊娠中からホルモンバランスの影響で体の変化が多く悩まされた方も多いと思いますが、産後もホルモンバランスの影響が大きいです。産後はプロゲステロンという女性ホルモンが影響して皮脂の分泌を促すので頭皮トラブルになります。

頭皮が敏感になってしまったところに刺激を与えてしまうことでさらに症状が悪化します。シャンプーなどが原因とも言われています。

②乾燥によるもの

頭皮の乾燥のしすぎでバリア機能が低下してしまい、刺激が加わると肌が耐えきれずに炎症が起こってかゆみが起きてしまうことがあります。

産後は頭皮がとても乾燥しやすい状況なので、シャンプーなど今まで使っていたものが合わなくなってしまうこともあります。

③精神的ストレスによるもの

産後は日頃の赤ちゃんのお世話や環境の変化による疲労や睡眠不足、ストレスなどが重なりやすいので、頭皮の皮脂バランスも崩れます。

ストレスは抜け毛につながったり頭皮の炎症につながったりと悪い影響があります。難しいとは思いますがストレスはなるべく溜め込まずに、発散させることが大切です。

産後の抜け毛に加え、頭皮のかゆみの対策としてできる6つのこと

頭皮のかゆみたいしてできること

頭皮のかゆみたいしてできること

産後の抜け毛をおさえたい…そしてかゆみを抑えたいという方は以下の対策をしてみましょう。

①シャンプーの見直し

シャンプーは低刺激なものを選びましょう。市販のシャンプーは洗浄力を高めるのために強い成分が配合されているので、産後の頭皮が敏感になっているときは使用を避けましょう。

アミノ酸系のシャンプーは低刺激で髪や頭皮に優しい成分になるのでオススメ。サロンシャンプーは市販のシャンプーより値段は高くなってしまいますが、その分頭皮にいい成分が使われています。天然成分が使用されていて頭皮を保湿することもできます。

産後は敏感になっているので自身にあったシャンプーを見つけることが大事です。

②オイルが大活躍!マッサージをしよう

乾燥による頭皮の痒みは保湿をすることが大事です。そこでオススメなのがオイルを頭皮に塗ること。指先につけて頭皮につけてさらにマッサージをすることで血行をよくして血液に循環を促し栄養が届きやすくなります。

保湿をしながらマッサージができます。頭皮用のオイルもありますがホホバオイルなど低刺激なものを選びましょう。

③すすぎ残しに注意!

お風呂で洗ったシャンプーはしっかりと洗い流してください。しっかりと洗い流したつもりでも流れてないこともあるので、これでもかというぐらい流してしまって大丈夫です。流しおわったらシャンプーが付いていないか確認をしましょう。

④半乾きだと頭皮によくない!しっかりと乾かそう

お風呂上がりは必ずドライヤーをして頭皮をしっかりと乾かしましょう。髪の毛だけを乾かすのではなく、頭皮もしっかりと乾かします。半乾きのままでいると雑菌が繁殖しやすく、頭皮への炎症へとつながり痒みが出てしまいます。

⑤かゆみがひどくなる場合は病院へ

これらの対策をしても一向に治る気配がなくどんどん痒みが悪化していく場合は、頭皮の病気の可能性があるので受診してください。頭がかゆい場合はまずは皮膚科へ行き検査をしてもらいましょう。症状に応じて塗り薬や飲み薬など薬を処方してもらえます。

⑥かゆくてもかかない

かゆいからといって掻いてしまうと頭皮が傷つきさらにかゆみが悪化してしまいます。そのときは収まっても何時間後にさらにかゆみが強くなることがあります。

かゆい時に掻きたい気持ちは分かりますが、ぐっと我慢が大切です。掻くことを我慢することで抜け毛を早く改善できたり頭皮の炎症がなくなったりします。

産後の頭皮の痒みの原因は人それぞれで自分の症状を理解することは抜け毛やかゆみが収まることへの第一歩です。

かゆいからといってがむしゃらに掻いてしまうのではなく、様子を見てしっかりとケアをして痒み対策をし抜け毛への予防をしましょう。