ヘアサイクルを知ることで産後の抜け毛をケア

ヘアサイクルを知ろう!

髪の毛は、ヘアサイクルという毛周期に沿って生えてくるようになっています。髪の毛は生えたら生えっぱなしなのではなく、時期が来たら抜け落ちて、また新たな髪の毛が生えてくるという仕組みで成り立っています。

ヘアサイクルは3つに分けられる

髪の毛は生えたり抜けたりと、大体5年から6年ぐらいでヘアサイクルは回っているのですが、抜け毛や薄毛が気になる人はもっと短いヘアサイクルで生え変わります。

短くなれば、その分髪の毛が十分成長しきれないまま生えてきてしまう、ということ、髪の毛が痩せ細り、ちょっとしたダメージでも抜け落ちやすくなりますので、結果として薄毛や抜け毛を招いていきます。

ヘアサイクルは3つに分けられており、成長期・退行期・休止期となります。

成長期は髪の毛が成長するという時期で、退行期は髪の毛の成長がストップし、休止期に成長が完全に終わります。

そして最後に終期もあり、そのときに抜け落ちます。

ヘアサイクルを知り抜け毛予防

抜け毛を抑えるには、短くなっているヘアサイクルの成長期を長くして、健康的な髪の毛が生えてくるようにしてあげなくてはいけません。

産後の抜け毛はそれほど長い間起こるものではありませんが、その抜け毛を元のように戻すためには時間がかかるかもしれません。

そのままにしていても戻る人が多いですが、育毛ケアをしてあげられると、より健康的な髪の毛が戻ってくれますよ。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、生えたり抜けたりを繰り返しています。薄毛が進行している人ほどこのサイクルが短いとされています。

産後の抜け毛は長くても一年程でもとに戻ることが多いのですが、育毛ケアをすることで抜けた髪から発毛され、また新たなヘアサイクルが始まります。