産後の抜け毛は頭皮の乾燥も原因だった!頭皮をケアして抜け毛を予防!

産後の抜け毛の玄以は頭皮にもあり

産後の抜け毛は、自然に治るもの…と構えていたけれど、なかなか治らなくて悩んでしまっていませんか?二人目の出産や高齢出産になると、回復が遅くなってしまう傾向があるんです。産後の抜け毛の原因は主にホルモンバランスによるものですが、頭皮が乾燥して環境が悪くなっていると回復も遅くなってしまいます。抜け毛がどうしても気になる場合、頭皮環境も整えてみてください。

頭皮の乾燥も原因だった

実は産後の抜け毛を長引かせてしまうのは、頭皮の乾燥が原因にもなっています。特に2人目を出産した後や高齢出産の場合は、髪の毛の戻りが遅いと感じるようになります。

女性ホルモンの乱れは、抜け毛など髪の毛の成長を止めてしまうだけでなく、皮膚のバリア機能まで弱らせてしまいます。

髪の毛が健康的に生えるためには、頭皮環境も非常に大切。弾力のある頭皮が理想です。

しかし、女性ホルモンの乱れが起こって皮膚のバリア機能が弱まった状態では、髪の毛を成長させるのに良い環境とは言えません。

1人目を出産して抜け毛が増えてから、何とか髪の毛が元通りになったとしても、頭皮が弱ったままでは不十分です。

そのまま2人目の妊娠があり、また産後の抜け毛が起こった場合には、1回目よりも戻りにくくなっているでしょう。

頭皮への栄養は後回しになってしまう

実は頭皮に栄養が届く順番はかなり遅く、その他の場所で栄養が摂取されてしまうと、頭皮まで栄養が回ってきません。

体は内臓にまず血や栄養を送ろうとし、生命維持に関係のない髪の毛や手足などは後回しになっているんです。

特に出産を何度も経験すると、骨盤が歪みやすくもなります。

血行も悪くなり、頭皮も硬くなって健やかな髪の毛が育ちにくい環境になってしまっているんです。

髪の毛が生えにくくなったり、生えてきても細くて弱い髪の毛だったりすると、髪の毛も抜けやすくなりなかなか産後の抜け毛が改善しません。

産後の抜け毛をなるべく早く、そして本格的に解消するためには、髪の毛の土台である頭皮環境も整ええいく必要があるでしょう。

産後の抜け毛の回復が遅いと感じた場合にできること

出産が続いたり高齢出産になると、頭皮の環境や抜け毛が完全に治らないままになってしまうこともあります。産後の抜け毛は基本はホルモンバランスが元に戻れば改善していきますが、ホルモンバランスを戻す力が弱い場合はどうしても回復が遅くなってしまいます。

その場合は、外側から頭皮の環境を整える助けをしてあげると良いですね。例えば頭皮を保湿してバリア機能を高める、刺激の少ないシャンプーや育毛剤などを使ってみると良いですよ。