産後の抜け毛は断乳すれば改善する?!授乳と髪の毛の関係とは

授乳を辞めると抜け毛が減る?!

産後の抜け毛の多さに驚いてしまうママさんは多いです。産後の抜け毛は主にホルモンのバランスですが、断乳をしたら抜け毛がなくなった!という声もあるようです。授乳と産後の抜け毛は直接的に関係はありませんが、授乳をすることでママの体の栄養が足りなくなったり、睡眠不足が原因となり抜け毛が悪化してしまっている可能性はあります。

産後の抜け毛の原因は主にホルモンバランス

妊娠中はあまり髪の毛が抜けないと感じた方も多いのではないでしょうか?そしてその分、産後3ヶ月ほどたった時、ごっそりと抜ける髪の毛に驚いてしまいますよね。

妊娠後期まではエストロゲンという女性ホルモンが多く分泌され、毛髪の成長を促してくれている状態です。ですが産後、このエストロゲンが減少して毛髪は休止期のサイクルに入ります。

その結果、今まで妊娠中に抜けるはずだった毛髪が一気に抜け、「産後の抜け毛」となるのです。これだけ一気に抜けてしまうと、びっくりしてしまいますよね。

産後の抜け毛は産後3ヶ月から6ヶ月頃まで続くといわれ、長い場合でも1年ほどで落ち着いてきます。

母乳育児をしていると栄養不足・睡眠不足になりやすい

母乳育児をしていると栄養不足・睡眠不足になりやすい

母乳育児をしていると栄養不足・睡眠不足になりやすい

授乳をしていると髪の毛が抜けやすい、断乳したら抜け毛が改善した、という話を聞くことがありますが、実は授乳と産後の抜け毛に直接的な関連はないといわれています。

母乳でなく、完全ミルクで育てているママでも産後の抜け毛はありますし、母乳で育てていても産後の抜け毛がそんなにひどくないママがいるのも事実です。

ただ、言えることは、授乳をしているとママの体が栄養不足になったり、夜中の授乳で睡眠不足になってしまう場合があります。

また、産後、赤ちゃんのお世話でストレスが溜まったり、ゆっくりと食事を摂る時間がなくて栄養が足りなくなってしまうということもありますよね。

抜け毛は栄養不足や睡眠不足で悪化してしまいます。

授乳・断乳が抜け毛と直接関係しなくても、母乳育児をしているママの方が「髪の毛が抜けやすい環境にある」ということはあるでしょう。

母乳育児を辞める必要はなし!

母乳育児を辞める必要はなし!

母乳育児を辞める必要はなし!

このように授乳・断乳と産後の抜け毛は直接関連しているわけではないので、抜け毛のために断乳するのは得策とは言えません。

母乳は赤ちゃんにとってとても大切な栄養源です。産後の抜け毛は6ヶ月から1年ほどで落ち着いてくることがほとんどなので、無理に断乳をするようなことは避けたいですね。

母乳をあげることは、赤ちゃんだけでなく母体にも良い影響があります。母乳をあげると「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。

この「オキシントン」というホルモンは子宮の収縮を促して、分娩の出血を止め、産後の体を回復させる働きがあります。母乳をあげることは赤ちゃんにもママにもメリットがあることです。

抜け毛は長くて1年ほどで治まることがほとんどですので、赤ちゃんにはしっかり母乳をあげてくださいね。

断乳後も抜け毛が続くようであれば受診を

もし断乳後、栄養もしっかり摂り、睡眠も十分にとっているのに抜け毛が治まらない場合、何か他に原因があるかもしれません。

脱毛が進んでしまっている場合、一度婦人科を受診すると良いでしょう。

産後の抜け毛はホルモンバランスの変化によるものです。通常は1年ほど、体の回復に伴って抜け毛も治まってくるはずですが、抜け毛が続いている場合はホルモンバランスが通常に戻っていない可能性もあります。

婦人科ではホルモン値を検査してもらえるので、体のホルモンの状態を知ることができます。

もしも原因がホルモンバランスでない場合は、適した科を紹介してもらえると思いますよ。

産後の抜け毛はかなりの量の髪の毛が抜けるのでびっくりしてしまいますが、半年から1年ほどで落ち着くことがほとんどです。

産後の抜け毛と授乳は直接的な関連はありませんが、栄養不足や睡眠不足、そしてストレスなどで抜け毛を加速してしまっている場合があります。

産後はいろいろと忙しい時期ですが、なるべく体を休め、しっかりと栄養を摂ってくださいね。

並行して頭皮環境を整える育毛剤や、刺激の低いシャンプーを使って頭皮と髪の毛をいたわってあげることも大切です。