産後にもなるかも?!女性特有の薄毛、びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症という言葉を聞いたことがありますか?女性の薄毛、抜け毛の症状を主にびまん性脱毛症と呼びます。男性の薄毛や抜け毛とは原因が違うんです。

びまん性脱毛症とは女性特有のもの

男性の薄毛や抜け毛はよく聞きますが、女性にも薄毛や抜け毛はあると最近注目されています。実は女性に薄毛や抜け毛は、男性のものとは異なる原因で、女性特有の抜け毛症状を、びまん性脱毛症といいます。

びまん性脱毛症の特徴は、ある一定の部分から抜け毛が始まるのではなく、頭髪が全体的に抜けるようになってきて、薄毛になる、というものです。

髪の毛が少なくなって全体的にボリュームがなくなる感じというとわかりやすいでしょうか。全体的に薄くなってくると、地肌が髪の毛の間から見えるようになります。

びまん性脱毛症は、頭頂部から徐々に気になる始める特徴があります。また、抜け毛だけではなく、生えてくる毛の元気もなくなります。

髪の毛が細く柔らかく、短いものになってしまいます。そのため、ボリュームがなくなったような見た目になるのです。

加齢やホルモンバランスの変化で起きるびまん性脱毛症

どうしてびまん性脱毛症が起きてしまうのかというと、原因はいくつかありますが、まず一つは加齢です。

大体40代中ごろを境にして、びまん性脱毛症で悩む人が増えます。
更年期に突入すると、更に増えてくるでしょう。ホルモンバランスが乱れ、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減るからです。

髪の成長期が短くなり、逆に髪の休止期が伸びてしまうのですから、薄毛になるのもわかります。

また、ストレスや栄養不足も原因になりますし、薄毛を気にしすぎるがあまりにヘアケアを過剰にしてしまうと、より抜け毛が目立つようにもなってしまいます。

びまん性脱毛症の特徴を知って、適したケアをしましょう。

女性の抜け毛には女性専用の育毛剤やシャンプーを使おう

女性特有の脱毛症、びまん性脱毛症は男性とは違い、頭頂部から徐々に薄くなっていき、生えてくる髪の毛もだんだん細いものになっていきます。

原因はホルモンバランスの乱れ、エストロゲンが減少するからです。産後の抜け毛もこのびまん性脱毛症に分類できます。

男性の使用している育毛剤などだと、刺激が強すぎる場合があるので、育毛剤を使う場合は女性に特化した育毛剤を使うようにしましょう。